最新ニュース

「ミームテラス」事業にご協力をお願いします。

                            2021年4月24日

在留外国人支援団体

多文化共生団体  各位

                       特定非営利活動法人メンターネット

                         理事長 岡崎 博之

多文化共生型シェアハウス「meme  terrace(ミーム テラス)」

運営等での再度のご協力のお願い

 平素より、特定非営利活動法人メンターネットの活動にご協力をいただきありがとうございます。

 当NPO法人は国の休眠預金助成金を活用した「就労困難な在留外国人の居場所・生活支援~Webによる就労・生活支援とシェアハウス~」の事業に取り組んでいます。

 現在、新型コロナウイルス感染拡大のため「国際人流」は止まり、日本では緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」の対象が11都府県となり、岡山県でも感染対策への協力要請がなされています。

 私たちの事業の概要は、施設の名称を「meme terrace(ミーム テラス)」として、新型コロナウイルス対策及び防災対策を備えた施設とし、下記の事業を行っています。

 貴団体で検討していただき連絡や紹介等の協力をしていただければ幸いです。

  • シェアハウスの運営・入居者募集(詳細は「にゅうきょしゃぼしゅう!」)
  • 対象者・定員:外国人の男性、女性それぞれ定員6名まで

単身(生活保護者を含む)及びシングルマザーの外国人女性

(帰国困難者・求職者・技能実習生・留学生・特定活動者など)

  • 募集期間:随時募集(ご連絡頂ければ詳細をお送りします)
  • 設備・生活用品完備(ベッド・寝具・洗濯機・冷凍冷蔵庫・台所用品・ロッカー他)
  • 入居の費用:月額 入居費・15,000円+共益費・5,000円+水道光熱費

    入居時 敷金・10,000円、礼金・10,000円

保証保険等・約10,000円(年額)保証人不要

  • 企業・団体との契約可能(監理団体・学校・企業・職業紹介事業者など)

2、多文化共生施設「ミームテラス」の利用(シェアハウスのみりょく!)

①入居者はすべて無料で利用できます。(共益費)

②共有スペースをお貸しします:33㎡の部屋に20人の机・イスを用意

パソコン・大型モニターテレビ・WiFiなど

③Web会議システム(VRoom):研修講習会・日本語教育・交流会など

*使用料は利用内容に応じてご相談させてください。

3、オンライン日本語教室受講者募集

 4月から毎週日曜日に始まりました。途中参加者も募集しています。

  • 日時:4月から9月まで毎週日曜日・10:00~11:30
  • 受講方法:オンライン参加

   Web会議(Vroom)を使用し、 パソコン・スマートフォンで受講

   お送りしたURLをクリックするだけ(インストールは必要ありません)

  • 受講料:無料
  • 対象者:岡山県内の外国人で日本語の学習に意欲があり日本語能力試験(N4)な 

どの合格を目指す人を対象にします。

  • 申込:申込書(別紙)はFAXやメールに添付してお送りください。
  • 講師:山陽学園大学の山根智恵教授が代表の日本語教師ネットワークの先生方

4、外国人と関係者の相談・個別支援

①入管法・技能実習法・特定技能などの在留資格(ビザ)相談

  必要に応じて行政書士が入管への申請取次をします。

  • 包括的な生活相談と個別支援

  多文化共生団体・専門家などのネットワークで個別支援をします。

  • フリーコール電話:0800-919-2794(クイックツナグヨ)で相談
  • E-mail: visa@mentor.or.jp
  • 時間を必要とする場合は、日時を指定いただければオンライン(Vroom)で必要資料を共有しながら在留資格や生活相談に応じています。

連絡先:NPO法人メンターネット

702-8035 岡山市南区福浜町46

フリーコール電話:0800-919-2794

TEL:086-280-5322   FAX: 086-280-4270

URL: http://mentor.or.jp/    E-mail: visa@mentor.or.jp    

4月からオンライン日本語教室開校

オンライン日本語(にほんご)教室(きょうしつ)申込書(もうしこみしょ)

NPO法人(ほうじん)メンターネット

 新型(しんがた)コロナウイルス(COVID-19)感染(かんせん)拡大(かくだい)のため、日本(にほん)()(はたら)いたり勉強(べんきょう)したりしている外国人(がいこくじん)(みな)さんにオンラインによる日本語(にほんご)教室(きょうしつ)(ひら)くことにしました。

4(がつ)から開催(かいさい)していますが、(いま)からの参加者(さんかしゃ)()()けますので(もう)()んでください。

  • 期間(きかん):2021(ねん)(がつ)()から9(がつ)26(にち)まで(6か月間(げつかん)
  • 曜日(ようび)時間(じかん)毎週(まいしゅう)日曜日(にちようび) 10:00~11:30

*5(がつ)・8(がつ)(だい)日曜日(にちようび)は、お(やす)みです。

3、オンラインによりパソコンまたはスマートフォンで勉強(べんきょう)してもらいます。

*WEb会議(かいぎ)(Vroom)を使用(しよう)し、講義(こうぎ)開始前(かいしまえ)にURLを受講者(じゅこうしゃ)におくります。

   メールアドレスに(おく)ったURLをクリックするだけで参加(さんか)できます。

   参加(さんか)したら((かお)右下(みぎした)に)あなたの名前(なまえ)()れてください。

4、無料(むりょう)(お(かね)はいりません。) 「休眠(きゅうみん)預金(よきん)助成金(じょせいきん)運営(うんえい)します。

5、勉強(べんきょう)できる(ひと)岡山(おかやま)県内(けんない)()んでいる外国人(がいこくじん)日本語(にほんご)勉強(べんきょう)必要(ひつよう)(ひと) 50(にん)

6、勉強(べんきょう)するレベル:日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)(JLTP)・N4程度(ていど)

  *JLTPや日本(にほん)国際(こくさい)交流(こうりゅう)基礎(きそ)テスト(JFT)の合格(ごうかく)目指(めざ)しましょう。

7、申込先(もうしこみさき):NPO法人(ほうじん)メンターネット E-mail: visa@mentor.or.jp   FAX:086-280-4270

申込書(もうしこみしょ)  E-mail: visa@mentor.or.jp    FAX:086-280-4270

名前(なまえ)              (おとこ)(おんな)国籍(こくせき)
会社(かいしゃ)学校(がっこう)住所(じゅうしょ)
電話番号(でんわばんごう)E-mail:
日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)N1.2.3.4.5.(なし)使用(しよう)するもの パソコン スマートフォン
在留(ざいりゅう)資格(しかく):技能(ぎのう)実習(じっしゅう) 留学(りゅうがく) その()(                  )メモ

NPO法人(ほうじん)メンターネット 〒702-8035 岡山市南区(おかやましみなみく)福浜町(ふくはまちょう)(ばん)(ごう)

*わからないことはフリーコール電話(でんわ)0800-919-2794にしてください。

ミームテラスで録画中
講師は自宅から講義

法的保護情報講習・生活ガイダンスの録画中!

Web会議(Vroom)を使用して録画し、外国人技能実習生などにオンラインで視聴してもらいます。

*連絡先はホームページからお願いします。

シェアハイス募集が山陽新聞に掲載されました。


「ひとりぼっち」にならないで!
     みんなでたすけあいましょう!
          笑顔(えがお)でくらしましょう!

 2月11日の山陽新聞にNPO法人メンターネットが運営するシェアハウスへの入居者募集の記事を掲載していただきました。

 新聞に連載されている「つながりのあした ウイズコロナの時代に」の取材に来られた時に、準備中の多文化共生施設「ミームテラス」のシェアハウスの広報をお願いしたものです。


 岡山県多文化共生連絡会議、岡山市多文化共生推進ネットワーク会議や技能実習監理団体・特定技能登録支援機関などの外国人関連団体に広報させていただきました。

 しかし、情報を必要とする在留外国人に直接伝わっていないので、FBの皆さんの協力をよろしくお願いいたします。

 対象者は、生活困難を抱えている単身女性(生活保護者を含む)・シングルマザーなどです。

 支援者(団体)の紹介、入居経費の一部負担、この事業での寄付(賛助会員)も歓迎します。

https://www.sanyonews.jp/article/1098904?rct=m_syakai 


「ミームテラス」の開設  ~休眠預金助成金事業について~

特定非営利活動法人メンターネット
              理事長 岡崎 博之

1、 タイトル:「就労困難な在留外国人の居場所・生活支援~Webによる就労・生活支援とシェアハウス~」

2、 事業内容: 国の休眠預金助成金(一般財団法人日本民間公益活動連携機構)を活用した「中国5県新型コロナ対応緊急支援助成」事業
 事業の概要は、施設の名称を「meme terrace(ミーム テラス)」として、新型コロナウイルス対策及び防災対策を備えた施設とし、下記3つの事業を行います。
① シェアハウスの入居者募集・運営:住居の確保(仕事やアルバイトを失った単身の外国人女性10人を対象)シングルマザー・生活保護者も対象として検討します。
 共有スペースのWiFi・Web会議システムで母国の家族とも自由に会話ができます。
◎第1次募集締め切り:2021年2月15日(日)2月下旬選考
◎第2次募集: 2021年3月1日~15日  3月下旬選考

②外国人相談・個別支援:在留資格・生活相談による安全安心な仕事・留学・社会生活の確保(個別支援を可能にする関係者・通訳者・専門家のネットワークを構築)
*フリーコール電話:0800-919-2794(クイックツナグヨ)>
Web相談はセキュリティー確保・インストール不要のオンライン(Vroom)を使用しパソコン・スマートフォンで相談
(相談者・通訳・関係者など4者間で相談資料を共有し相談を受けます。)

③日本語教育:特定技能や介護職種の仕事に再就職するためや地域で孤立させない日本語学習支援を重視します。
(日本語能力試験N3・N4レベルのテキストを使用し、教室(10名程度)とオンライン(20名程度)で週1回学習します。(3月より実施・受講料無料)

3、特徴と長期目標
 個別支援を可能にする関係者・多文化共生団体・専門家・通訳者などのネットワークを構築します。同時に行政の協力を得て、地域住民と協力して外国人市民が地域からの信頼を得られるようにします。SDGs(国連・持続可能な開発目標)については、「8.8 移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、全ての労働者の権利を保護し、安全安心な労働環境を促進する」「11.住み続けられるまちづくりを」にしています。

4、背景
 新型コロナウイルス感染拡大は長期化し、「緊急事態宣言」が発令され、変種コロナウイルスの発生も伝えられています。
感染防止対策を講じながらの中小企業経営は困難を極め、年度末年度初めにかけて失業する外国人も想定されています。
 外国人の日本への出入国が停止されている中で、外国人労働者や留学生等は帰国ができず、コロナ対策に加えて仕事や生活に困難をきたし孤立し居場所をなくすなどの深刻な社会課題となっています。

5、NPO法人メンターネットについて
 2004年に「多文化協働の仕事づくり・まちづくり」をコンセプトに設立し、在留外国人と関係者のVISA・生活相談を毎年・100数十件受けながら個別の支援をしています。特に技能実習制度適正化事業としての多言語の法的保護情報講習・日本での生活ガイダンス・日本語教育や留学生の就労支援に力を注いでいます。
 Web会議システムを活用して海外での日本語教育も実施してきました。

6、協力依頼内容:貴団体にてご協力いただける範囲でお願いします。
①在留外国人への広報。
②外国人及び関係団体からの相談、個別支援のネットワークへの参加。
③シェアハウス入居者及び生活応援者の情報提供及び紹介。
④日本語教育の受講支援。(時間の確保・送迎・パソコン・WiFi環境整備など)
⑥Web会議システム「Vroom」の使用希望。

7、問い合わせ先
NPO法人メンターネット 理事長 岡崎博之
住所:〒702-8035 岡山市南区福浜町4番6号(山陽マルナカ本社前)
フリーコール電話:0800-919-2794
TEL:086-280-5322 FAX:086-280-4270
URL: http://mentor.or.jp E-mail: visa@mentor.or.jp